トップページの設定

トップページは大きく分けて2つの使い方があります。1つめは一般的なブログとして使用する方法、2つめはサイトのようなトップページとして使用する方法です。便宜上、前者を「最新の投稿表示」、後者を「固定フロントページ表示」として説明します。

最新の投稿表示

WordPress はインストールしてそのままであれば「最新の投稿表示」設定になっています。これは WordPress を一般的なブログとして使用する場合の設定で、サイトのトップページがブログ一覧の1ページ目として利用されます。Snow Monkey の場合も同様です。

もし、トップページにはピックアップ記事を大きく表示したい、ウィジェットを使ってデザイン性の高いトップページにしたい、といった場合は「固定フロントページ表示」を使用します。「固定フロントページ表示」設定にした場合、トップページは一般的なウェブサイトのような役割のトップページに、またそれとは別にブログのトップページ用(1ページ目)のページを指定できるようになります。

固定フロントページ表示

固定フロントページを設定することでフロントページ用のウィジェットエリアを使えたり、pickup スライダーを表示したりすることができるようになります。

設定方法

  1. ダッシュボードを開く
  2. 外観 > カスタマイズをクリック
  3. 固定フロントページをクリック
  4. フロントページの表示固定ページをクリック
  5. フロントページでトップページ用の固定ページを選択(未作成の場合は新規固定ページを追加から追加)
  6. 投稿ページで記事一覧(ブログトップ)用の固定ページを選択(未作成の場合は新規固定ページを追加から追加)

固定フロントページに割り当てたページの内容を表示したい場合

Snow Monkey の固定フロントページには、固定フロントページに割り当てたページの記事の内容は表示されません。もし記事の内容を表示したい場合は固定フロントページに割り当てたページのテンプレートデフォルトテンプレート以外に設定してください。そうすることで、固定フロントページに割り当てたページを通常の固定ページのように扱うことができるようになります(ただし、pickup スライダー、フロントページウィジェットエリアは使用できなくなります)。

現在固定フロントページに記事の内容は表示されませんが、表示したほうが良いのか、表示しないままでいたほうが良いのか検討中です。こういう使い方を想定しているのでこうなっていたほうが良い等のご意見があればぜひぜひご連絡ください。

固定フロントページ使用時に、最近の投稿の表示/非表示の切り替え

カスタマイザーから表示/非表示の設定ができます。※固定フロントページを使用していない場合は表示されません。

設定方法

  1. トップページを開く
  2. 管理バーカスタマイズをクリック
  3. ホームページ設定をクリック
  4. 固定フロントページ使用時に最近の投稿を表示するにチェック
  5. 公開をクリック

Snow Monkey

Snow Monkey は 100% GPL の WordPress テーマです。誰でも簡単・便利に使えるように、様々な機能を用意しました。

Snow Monkey オンラインコミュニティ

Snow Monkey をご購入いただいた方だけが入会できるコミュニティです。使い方や設定方法のサポート、今後のアップデートについてのディスカッション、動画配信等をおこなっています。