バージョンアップ後タクソノミーブロックでの表示が崩れてしまう

0
いいねをした人: 居ません
4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #117753
    akosan
    閲覧者
    31

    【お使いの Snow Monkey のバージョン】バージョン: 19.0.2
    【お使いの Snow Monkey Blocks のバージョン】バージョン 18.0.1
    【お使いの Snow Monkey Editor のバージョン】バージョン 9.1.1
    【お使いのブラウザ】google chrome
    【当該サイトのURL】https://miriohta.com/

    ### 発生している問題

    2カラムのブロックを設置し、タクソノミーブロックで「ニュース」カテゴリーを選ぶ→レイアウト「テキスト」で表示した所くずれてしまう。バージョンアップ後のことです。

     

    ### 試したこと

    ブロックの入替、他の場所で同様にブロックを入れてみる。

    同じ症状でした

     

    これはどのようにしたら解消できるでしょうか?

    0
    いいねをした人: 居ません
    #117755
    アバター画像キタジマ タカシ
    閲覧者
    2289

    .c-entries__item を、1024px 以上のウィンドウサイズで 25% にする CSS が追加されているようです。どこかで必要があって追加されているのであれば、セレクタを調整したほうが良さそうです。

    0
    いいねをした人: 居ません
    #117762
    akosan
    閲覧者
    31

    >キタジマさま

    ありがとうございます。

    確かに追加CSSで設定していました。記事をサイト全体で4列表示するために設定しています。

    そこで、この「お知らせ」部分のみCSSをあててwidth:100%;にしようと思い

    タクソノミーブロックに item_news というCSSを設定し

    .item_news{

    width:100%;

    }

    これでやってみたのですが、当然のごとく動かずで…。

    検証ツールでみると .c-entries__item で設定しないと動かないように見えます。

    ですが、全ページの記事の表示を4列にしたいので、.c-entries__itemの25%表示は維持しておいた方がいいのかなと考えます。それとも、4列表示の追加CSSを何か他の方法に変更した方がスムーズでしょうか。

    記事の4列表示はこのような追加CSSを入れています。

    /*記事アイテム4列表示に */
    @media (min-width: 1024px){
    .c-entries__item{
    flex:0 1 25%;
    max-width:25%;
    }
    }

    0
    いいねをした人: 居ません
    #117779
    アバター画像キタジマ タカシ
    閲覧者
    2289

    任意のタクソノミーの投稿などの投稿一覧を表示するブロックは .snow-monkey-posts .c-entries、アーカイブページ等の一覧ページの一覧部分は .p-archive .c-entries という構造になっているので、それに合わせてセレクタを調整してみると良いかと思います!

    0
    いいねをした人: 居ません
4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • トピック「バージョンアップ後タクソノミーブロックでの表示が崩れてしまう」には新しい返信をつけることはできません。

ドキュメント

Snow Monkey の設定方法やマニュアルを掲載しています。

ドキュメント

フォーラム

Snow Monkey の使い方やカスタマイズについてのご質問・ご要望等はサポートフォーラムで行っています。サポートフォーラムは誰でも閲覧できますが、書き込みできるのは Snow Monkey 購入者のみとなります。

サポートフォーラム

よくあるご質問

Snow Monkey のサービスについて不明な点がある場合は、まずはよくあるご質問をご確認ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

よくあるご質問を見ても解決しなかった場合、試用版の申請については問い合わせフォームからお願いいたします。

お問い合わせ

Snow Monkey は Gutenberg ブロックエディターに対応した 100%GPL の WordPress テーマです。拡張性を意識した開発をおこなっており、カスタマイザーとブロックでスピーディーにサイトを立ち上げるだけでなく、CSS やフックを駆使した高度なカスタマイズにも柔軟に対応できます。