マニュアル [ 開発者向け ]

子テーマ(非推奨)の作り方 / Snow Mokey カスタマイズ用プラグイン(My Snow Monkey)について

子テーマ利用の注意点

子テーマは親テーマのテンプレートを上書きするという超強力な機能です。これは便利である反面、古いテンプレートをコピーしたままになっていると親テーマをアップデートしても子テーマに新機能が反映されない、脆弱性が残ったままになる、デザインが崩れる、などの問題が起こる可能性があります。

CSS の調整で済むようなちょっとしたカスタマイズを行いたい場合は、子テーマではなく、追加 CSS 機能の利用をおすすめします。

子テーマではなくプラグインによるカスタマイズを推奨します

Snow Monkey は子テーマを使わなくてもプラグイン領域から子テーマのように自由にカスタマイズをおこなうことが可能です。カスタマイズ用プラグインの雛形(My Snow Monkey)はマイアカウントページからダウンロードできます。詳しくはこちら

テンプレート内容の書き換え

ブログカードのカスタマイズ

投稿タイプごとに違うウィジェットエリアを設定する(Custom Sidebars プラグイン使用)

特殊なリンク

Snow Monkey には、普通にリンクするのではなく、特定のコンポーネントを開くための特殊なリンクがあります。

静的ビューテンプレート機能

静的ビューテンプレートディレクトリ(/templates/static/)に、URL にマッチしたテンプレートが存在すればそれをビューテンプレートとして読み込む機能です。

通常、コンテンツ部分のテンプレート(= ビューテンプレート)は条件に応じて /templates/view/ 内のファイルが使用されますが、例えば、/about/ という URL にアクセスがあったときに /templates/static/about.php というファイルが存在する場合はそれがビューテンプレートとして利用されます。「固定ページの内容をテンプレートに書きたい」のような場合に、ディレクトリ内を煩雑にせずに整理した形でテンプレートを配置できます。

My Snow Monkey でテンプレートの追加/上書きをできるようにする(テンプレートルートの追加)

カスタムページテンプレートの追加方法

フィルターフック・アクションフックについて

Olein さんがわかりやすいサイトを公開されています。

Snow Monkey オンラインコミュニティ

Snow Monkey をより良いテーマにするために、今後の機能開発等について情報共有したりディスカッションをしたりする場所です。より多くのユーザーの交流があったほうがより良いプロダクトに育っていくと思いますので、ぜひご参加ください!