セクションブロックの高さ広めを変更したい

0
いいねをした人: 居ません
4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #131434
    ゆうと
    参加者
    16

    【お使いの Snow Monkey のバージョン】25.1.5
    【お使いの Snow Monkey Blocks のバージョン】20.3.0
    【お使いの Snow Monkey Editor のバージョン】9.3.0
    【お使いのブラウザ】chrome

    お世話になります。

    質問させて下さい。

    ### 実現したいこと

    セクション(背景画像)ブロックの高さ広めの設定をレスポンシブに応じて変更したいと考えています。

    下記画像の通り広めに設定しました。

    タブレット表示の時に高さが広いままで表示されます。

    タブレット時のみこの高さを低くしたいと考えています。

     

    ### 発生している問題

    検証画面から問題は下記画像のコードだと特定しました。

    セクションブロックには『footer-contact』というクラス名をつけて、タブレット表示の時のみこのvhを変更しようとしましたが実装できておりません。

     

    ### 試したこと

    下記CSSをあてました。(タブレットサイズ時にあてています)

    .footer-contact {
    height: 400px!important;
    }

    何も変わらず下記のコードも試しました。

    .smb-section–wide {
    –smb-section–min-height: 40vh;
    }

    現状高さが変更できておりません。

     

    お手数ですがよろしくお願い致します。

    0
    いいねをした人: 居ません
    #131437
    GONSY
    参加者
    808

    少しメンテナンス性は落ちますが、頻繁に画像などを変更することがなければ、Snow Monkey Editor の 表示設定(ウィンドウサイズ)には、ブロック単位でデバイスごとに表示・非表示を切り替える機能があります。
    それを利用することを前提に、レイアウトや画像の異なるセクションブロック(PC用、タブレット用、スマホ用)を3つ設置して、各デバイスのみで表示するようにすれば、意図した感じに近づけることができそうです。
     

     
    アイデアの1つとしてご参考にしていただければと思います。

    1
    いいねをした人:
    #131439
    ゆうと
    参加者
    16

    なるほど、そちらの方がお手軽ですね。

    ありがとうございます。

    1
    いいねをした人:
    #131469
    アバター画像キタジマ タカシ
    参加者
    2283

    CSS でやる方法も試してみたのでおいておきますね。
    ビューポートが 1024px 未満は min-height50vh にする例です。

    @media not all and (min-width: 1024px) {
      .smb-section--wide {
        --smb-section--min-height: 50vh;
      }
    }
    0
    いいねをした人: 居ません
4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • トピック「セクションブロックの高さ広めを変更したい」には新しい返信をつけることはできません。

ドキュメント

Snow Monkey の設定方法やマニュアルを掲載しています。

ドキュメント

フォーラム

Snow Monkey の使い方やカスタマイズについてのご質問・ご要望等はサポートフォーラムで行っています。サポートフォーラムは誰でも閲覧できますが、書き込みできるのは Snow Monkey 購入者のみとなります。

サポートフォーラム

よくあるご質問

Snow Monkey のサービスについて不明な点がある場合は、まずはよくあるご質問をご確認ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

よくあるご質問を見ても解決しなかった場合、試用版の申請については問い合わせフォームからお願いいたします。

お問い合わせ

Snow Monkey は Gutenberg ブロックエディターに対応した 100%GPL の WordPress テーマです。拡張性を意識した開発をおこなっており、カスタマイザーとブロックでスピーディーにサイトを立ち上げるだけでなく、CSS やフックを駆使した高度なカスタマイズにも柔軟に対応できます。