Olein_jp

フォーラムへの返信

15件の投稿を表示中 - 16 - 30件目 (全483件中)
  • 投稿者
    投稿
  • Olein_jp
    参加者
    543

    現在タグは並列の関係のみでタグ一覧表示をすると全て出てきてしまう

    こちらは WordPress のタグの仕様ですのでやむを得ないかなと思います。

    用途に分けてタグにてカテゴライズされたい場合には、カスタムタクソノミーを独自で用意されると実現できるかと思います。

    カスタムタクソノミーは Custom Post Type UI といったカスタム投稿・タクソノミーを管理画面で用意することができるプラグインを利用すると簡単かもしれません。ぜひ「Custom Post Type UI カスタムタクソノミー」といったキーワードで検索して試してみてください。

    0
    いいねをした人: 居ません
    返信先: カラーパレットに色を追加したい #129205
    Olein_jp
    参加者
    543

    実際にテストしたわけではありませんが、こちらの wp_theme_json_data_theme というフックを利用してみてはいかがでしょうか?

    ただ、「追加」と書かれているので、Snow Monkey が持つ既存のカラーパレットを保持したまま、ということであればこの方法では実現できないかもしれません。(確か既存を全て上書きした上で追加される仕様だったはず)

    なおSnow Monkeyのフィルターフックに「snow_monkey_editor_color_palette」がありますが、使い方がわかりませんでした。

    こちらは v19.0.0 で廃止になっています。

    1
    いいねをした人:
    Olein_jp
    参加者
    543

    あら…!失礼しました…!

    2
    いいねをした人:
    Olein_jp
    参加者
    543

    参照サイトを拝見しましたが、おそらくアクションフックで <section class="p-front_page_slider__block">〜</section> というスライダーセクションを独自に作り、挿入されているように見えます。また、背景の水玉に関しては背景画像を設置されているだけです。

    ですので、セクションブロックやグループブロック、スライダー関連のブロックを駆使し、独自に CSS を加えることで、近しい形にすることは可能かと思いますが、実現されたい内容や譲れないポイントなどで実現方法を選択してみてはいかがでしょうか。参考になれば幸いです。

    1
    いいねをした人:
    Olein_jp
    参加者
    543

    拝見しました。追加CSSを削除されて試されているようなのですが、どこか(独自のプラグインなど追加CSSからではなく)から以下のようなCSSを書かれてはいませんでしょうか?

    .smb-items--fill>.c-row>.c-row__col .smb-items__item__body.block-editor-block-list__layout>:nth-last-child(2), .smb-items--fill>.c-row>.c-row__col .smb-items__item__body>:last-child {
        margin-bottom: 0;
        margin-top: auto;
    }

    こちらの margin-top: auto; が悪さをしているような気がしますので、どこで記述をされているのかを確認された上で、打ち消す等試されると良いかと思います。ご参考までに。

    1
    いいねをした人:
    Olein_jp
    参加者
    543

    実際に試してはいませんが、カスタムメニューには CSS クラス内に一意のクラス名も含まれますし任意のクラス名を追加することも管理画面から可能です。

    ですので、CSS から SVG 画像をパスで指定する形でカスタマイズをすることで、実現できそうな気がします。擬似要素など上手に使うと良いかと思います。(試してなくてすいません…

    1
    いいねをした人:
    Olein_jp
    参加者
    543

    添付されている記事の時点と現状少々構造が変わっているのかもしれませんね。

    以下のようなコードで変更できるかと思います。お試しください。

    .p-footer-sticky-nav {
      background-color: red; /* 背景色 */
    }
    
    .p-footer-sticky-nav .c-navbar__item>a {
        color: blue; /* 文字色 */
    }
    0
    いいねをした人: 居ません
    Olein_jp
    参加者
    543

    こちらの環境で動画ファイルをセクションブロックに配置してみましたが、特に問題なく動作しました。しかし、ざっとみた感じだと、それほどスタイルにも差が見られなかったので、もし可能であれば、Snow Monkey に関連するプラグイン(Blocks や Editorなど)以外を止めてみて動作確認をしてみてください。

    以下のようにとりあえずスタイルを当てれば表示は改善されると思いますが、根本的な解決にはならないと思われます。

    .smb-section-with-bgimage__bgimage.smb-section-with-bgimage__bgimage--lg video {
        position: relative;
    }
    0
    いいねをした人: 居ません
    返信先: Query Monitor でPHPエラーが発生 #122233
    Olein_jp
    参加者
    543

    こちらでも検証してみた結果、PHP のバージョンを Local にて 8.1.9 にすると発生することを確認できました。

    設定可能なそれ以下の PHP バージョン環境( 8.0.22 以下)では再現できませんでした。

    ですので、PHP バージョン起因である可能性を感じますね。

    2
    いいねをした人:
    返信先: Query Monitor でPHPエラーが発生 #122209
    Olein_jp
    参加者
    543

    本件の各種バージョンを合わせた環境で、Query Monitor プラグインのみ有効化してみましたが、こちらの環境では特にエラーと思えるものは確認することができませんでした。

    どのような動作をさせたら、どこに言われるエラーが出ているのかを、もう少し詳しくお教えいただけると何かしら糸口になるかもしれません。

    2
    いいねをした人:
    Olein_jp
    参加者
    543

    テーマエディターからテーマのファイルを直接編集しても、今後アップデートを実行した際に新しいファイルで上書きされ消えてしまいますので、WordPress のカスタマイズ全般に言えることですが、おすすめできません。

    Snow Monkey で <head>〜</head> に何かしらソースコードなどを出力されたい場合、以下のようにフックを活用されると良いでしょう。

    add_action( 'wp_head', function() {
    	?><script>hoge</script><?php
    });

    ちなみにですが、この wp_head というフックは Snow Monkey 特有のものではなく、WordPress のフックになります。お試しください。

    2
    いいねをした人:
    Olein_jp
    参加者
    543

    私の方で確認してみましたが、ランダムにフッターのリンクから何度が遷移した後に、確かにフッターのリンクが押せなくなっています。しかし、おそらく Snow Monkey の不具合ではない可能性があります。

    現象が発生した際に、フッターのリンク部分を検証ツールで解析しますと、 .wp-block-cover__inner-container::before という要素を指し示されます。

    こちらは、独自に用意されている my-snow-monkey の中で用意されている _base.scss というファイルに記述されているようです。こちらがなんらかの理由によって、この現象が起きる際に、フッターのリンク群の上に重なってしまっていて、アンカーリンクをクリックできないという状態になっているようです。

    ちなみに、この要素に display:none をつけることで、リンクは正常に動作するようになります。

    ですので、まずはこちらの現象をそちらでも今一度再現されまして、この要素が適切に配置されるよう(フッターリンクに被らないよう)に確認されると良いかと思います。

    よろしければ参考にしてみてください。

    3
    いいねをした人:
    Olein_jp
    参加者
    543

    この場合、実際にその現象を再現できないと検証が難しいです。

    ですので、実際のサイトもしくは同様の状況を再現したサンプルサイトなどを提示いただけると解決が近づくかもしれません。

    3
    いいねをした人:
    Olein_jp
    参加者
    543

    早速、テスト環境で実際に稼働しているサイトのデータを、テーマ本体と Snow Monkey Forms プラグイン(その他 Editor / Blocks も)らを最新版にアップデートしてみました。

    • Snow Monkey : 20.0.0
    • Snow Monkey Blocks : 19.0.0
    • Snow Monkey Editor : 9.2.0
    • Snow Monkey Forms : 5.0.5

    しかし、各サイトに既存であるフォーム(サイト内に複数のフォームを持っているものも含む)すべて確認しましたが、送信完了メッセージや自動返信メールの内容、管理者宛メールアドレス等、特にブランクになってしまったりしている様子は確認できませんでした。

    ですので、eiki 様の詳しい環境(他に使われているプラグイン等々あれば)の詳細を提供されると、何か糸口がわかるかもしれませんね。

    0
    いいねをした人: 居ません
    返信先: !importantについて #119953
    Olein_jp
    参加者
    543

    Snow Monkey を利用する・しないに関わらず、!important を簡単に活用していくのは、後にそれよりも強くスタイルを当てたい状況が発生した場合につらくなります。

    ですので、「できるだけ使わないように書く」ことを個人的には意識しています。どうしても、という場合には自分の責任の元で利用することもありだとは思いますが、「どうしても」の場合ですね。

    その判断ができるように、まずは CSS の詳細度について理解を深めていっても良いかもしれませんね。(さまざまな考え方があると思います。こちらは個人的な感想です。)

    1
    いいねをした人:
15件の投稿を表示中 - 16 - 30件目 (全483件中)

ドキュメント

Snow Monkey の設定方法やマニュアルを掲載しています。

ドキュメント

フォーラム

Snow Monkey の使い方やカスタマイズについてのご質問・ご要望等はサポートフォーラムで行っています。サポートフォーラムは誰でも閲覧できますが、書き込みできるのは Snow Monkey 購入者のみとなります。

サポートフォーラム

よくあるご質問

Snow Monkey のサービスについて不明な点がある場合は、まずはよくあるご質問をご確認ください。

よくあるご質問

お問い合わせ

よくあるご質問を見ても解決しなかった場合、試用版の申請については問い合わせフォームからお願いいたします。

お問い合わせ

Snow Monkey は Gutenberg ブロックエディターに対応した 100%GPL の WordPress テーマです。拡張性を意識した開発をおこなっており、カスタマイザーとブロックでスピーディーにサイトを立ち上げるだけでなく、CSS やフックを駆使した高度なカスタマイズにも柔軟に対応できます。